短文レビューで☆の付け方も曖昧です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヴィンランド・サガ / 幸村誠

ヴィンランド・サガ(1) (アフタヌーンKC)ヴィンランド・サガ(1) (アフタヌーンKC)
幸村 誠

講談社

Amazonで詳しく見る by AZlink


オススメ度★★★

少年・トルフィンはアイスランドの小さな村に住む、やんちゃで心優しい男の子だった。しかしある時、トルフィンはデンマークに拠点を構えるアシェラッドの兵団に襲撃され捕らえられ、父親を眼前でアシェラッドに殺されてしまった。

その後、トルフィンはアシェラッド兵団で育てられ、寡黙でプライドが高く他人に気を許さない青年へと成長していた。彼が愛用する武器は父・トールズの形見の短剣で、防具は身に付けず超人的な身のこなしで敵の攻撃を避けながら2本の短剣を巧みに操って敵を倒す。トルフィンはアシェラッドを倒すことを唯一の目標とし、アシェラッド兵団の戦士として戦場を渡り歩くようになる。彼がアシェラッドに要求する『褒美』は、常に『アシェラッドと決闘する権利』であった。

via: ヴィンランド・サガ - Wikipedia


動乱の時代、復讐に生きる一人の少年。
少年マガジンで連載開始、後にアフタヌーンに移行。
力強いタッチで重厚に描かれている。既刊9冊。

基本的には、動乱の歴史を生きる主人公の半生である。
ロマン、策略、アクションと楽しめる作品だが、
前回の『プラネテス』同様、『愛』うんぬんのテーマも含まれる。

前作に比べ、読み取りやすくなってはいるものの、
共感しえない場面も多々ある。
徐々にそういった場面が増え、少々失速気味。
序盤の面白みを全面に押し出してもらえたらと思う。
[ 2011/02/24 23:50 ] ★★★☆☆ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
ジャンルで検索
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。