短文レビューで☆の付け方も曖昧です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

惑星のさみだれ / 水上悟志

惑星のさみだれ 10 (ヤングキングコミックス)惑星のさみだれ 10 (ヤングキングコミックス)
水上 悟志

少年画報社

Amazonで詳しく見る by AZlink


オススメ度★★★★

主人公の雨宮夕日は、ある朝、言葉を喋るトカゲから世界を救う騎士の1人として選ばれたことを告げられる。最初は無関心な夕日だったが、敵である魔法使いが生み出した泥人形の襲撃を受ける。死を覚悟したその時、守るべき姫である朝日奈さみだれに救われ、更に常人ならざるさみだれの気概に触れたことで彼女に忠誠を誓う。ここにひとつの主従が生まれ、この時から夕日の戦いが始まった。

via: 惑星のさみだれ - Wikipedia


地球の存亡を賭けて戦う。新感覚ご近所ストーリー
こんな少年マンガを待ってた!
未来を欲して、かっこ良く成長していく全10巻。

一部では結構人気があるマンガ。
正直序盤は大したことないが、後半からどんどん面白くなっていく。
「ビスケットハンマー」や「泥人形」などの、他の漫画にはなかなか無いセンスも良い。

前作『散人左道』はぶっちゃけ微妙だが、現在連載中の『戦国妖狐』は結構おもしろい。
割とスッキリした感じだが独特の力強さを感じる線も魅力的。
[ 2011/02/14 12:12 ] ★★★★☆ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
ジャンルで検索
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。