短文レビューで☆の付け方も曖昧です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

電影少女 / 桂正和

電影少女 1 (ジャンプコミックス)電影少女 1 (ジャンプコミックス)
桂 正和

集英社

Amazonで詳しく見る by AZlink


オススメ度★★★★★

ピュア(純粋)な心の持ち主にしか見えないレンタルビデオ店において貸し出される特殊なビデオテープから実体として現れる少女・ビデオガールと、その少女達の助けを必要としている恋に悩む少年を中心として、その少年の恋愛模様を描く。

via: 電影少女 - Wikipedia


『I's』で有名な桂正和氏の初期作。
少女漫画顔負けの恋愛漫画。
この頃から今のグラビア風な女の子の絵柄が垣間見える。

桂正和といえば『I's』が有名だが、
個人的にはこちらの『電影少女』のほうが好きである。
管理人の世代的には『I's』であり、周りもそれを評価するのだが、
『電影少女』は読んだことがないという人が多いのが悲しい。

恋心や嫉妬といった感情を非常に丁寧に描き出していて、
登場人物たちの一挙一動にこちらの胸がドギマギする。
ヒロインたちの切ない思いにも胸がキュンキュンするが、
純粋な主人公が傷ついて悩みながらも、自分なりの答えを出して成長していく様も、
最近のラブコメ物の男主人公に足りない魅力である。

全15巻のうち、最後の2冊は主人公ヒロイン共に別の人物の2部である。
愛蔵版・文庫版はともに全9巻。
[ 2011/02/11 02:11 ] ★★★★★ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
ジャンルで検索
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。