短文レビューで☆の付け方も曖昧です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

3×3 EYES(サザンアイズ) / 高田裕三

3×3(サザン)EYES (1) (ヤンマガKCスペシャル (123))3×3(サザン)EYES (1) (ヤンマガKCスペシャル (123))
高田 裕三

講談社

Amazonで詳しく見る by AZlink


オススメ度★★★★

「三只眼吽迦羅(さんじやんうんから)」という三つ目の妖怪であるヒロインのパイが、ひょんなことから彼女と一心同体の不死人「无(ウー)」となってしまった藤井八雲と共に人間になるため冒険をする物語。登場する妖怪の名前や設定が中国文化やインド神話がモチーフとなっており、チベットやインド等、日本以外のアジアが多く舞台になっている。

via: 3×3 EYES - Wikipedia


幻想・怪奇アドベンチャー
三只眼のパイと不死身の无(ウー)八雲が繰り広げる大冒険活劇。
中国やインド・チペットの雰囲気に妖魔や呪文と、ロマンが溢れる。

お惚けなパイにちょっと怖い三只眼、
少し頼りないがやるときゃやる八雲の関係に悶々としつつ、
オリエンタルな雰囲気の中繰り広げられる妖怪退治。
序盤5冊は屈指の出来。

全40巻ということもあり中盤から中だるみするのが残念だが、
最後のほうは納得の完結ともいえる、綺麗な終わりを迎えた。

15年の長期連載であり、絵柄も初期と後期では結構違っている。
個人的には初期の絵柄のほうが好みだったりする。
ヤクイ!
[ 2011/02/07 10:12 ] ★★★★☆ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
ジャンルで検索
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。