短文レビューで☆の付け方も曖昧です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヴィンランド・サガ / 幸村誠

ヴィンランド・サガ(1) (アフタヌーンKC)ヴィンランド・サガ(1) (アフタヌーンKC)
幸村 誠

講談社

Amazonで詳しく見る by AZlink


オススメ度★★★

少年・トルフィンはアイスランドの小さな村に住む、やんちゃで心優しい男の子だった。しかしある時、トルフィンはデンマークに拠点を構えるアシェラッドの兵団に襲撃され捕らえられ、父親を眼前でアシェラッドに殺されてしまった。

その後、トルフィンはアシェラッド兵団で育てられ、寡黙でプライドが高く他人に気を許さない青年へと成長していた。彼が愛用する武器は父・トールズの形見の短剣で、防具は身に付けず超人的な身のこなしで敵の攻撃を避けながら2本の短剣を巧みに操って敵を倒す。トルフィンはアシェラッドを倒すことを唯一の目標とし、アシェラッド兵団の戦士として戦場を渡り歩くようになる。彼がアシェラッドに要求する『褒美』は、常に『アシェラッドと決闘する権利』であった。

via: ヴィンランド・サガ - Wikipedia


動乱の時代、復讐に生きる一人の少年。
少年マガジンで連載開始、後にアフタヌーンに移行。
力強いタッチで重厚に描かれている。既刊9冊。

基本的には、動乱の歴史を生きる主人公の半生である。
ロマン、策略、アクションと楽しめる作品だが、
前回の『プラネテス』同様、『愛』うんぬんのテーマも含まれる。

前作に比べ、読み取りやすくなってはいるものの、
共感しえない場面も多々ある。
徐々にそういった場面が増え、少々失速気味。
序盤の面白みを全面に押し出してもらえたらと思う。
スポンサーサイト
[ 2011/02/24 23:50 ] ★★★☆☆ | TB(0) | CM(0)

ああっ女神さまっ / 藤島康介

ああっ女神さまっ(41) (アフタヌーンKC)ああっ女神さまっ(41) (アフタヌーンKC)
藤島 康介

講談社

Amazonで詳しく見る by AZlink


オススメ度★★★★

ごくフツーの大学生・森里螢一と3女神による愛と試練と騒動の同居生活。女神降臨か
ら20年、変わらぬ“女神愛”を発信中!!

via: Amazon.co.jp: ああっ女神さまっ(41) (アフタヌーンKC): 藤島 康介: 本


ドタバタハーレム日常系居候ラブコメ漫画のルーツ。(なんだそりゃ)
近代の『ある日突然女の子が・・・』系のラブコメといえば、
この漫画あたりが先駆けではないでしょうか。

1988年からの連載ということで2011年現在で23年目ですか。
上に女神降臨から20年と書いてありますが、
連載期間のことで、決して作中の時間が20年経過してるわけではないですよ。
長期連載であり、また表紙からもわかるとおり絵柄もだいぶ変化してます。

基本はドタバタ系ラブコメですが、
神族や魔族といった非日常系な存在や騒動の描写に魅力があり、
またバイクなどのモータースポーツ愛にも溢れてます。

日常と非日常の交わり方が絶妙なおすすめ漫画です。
[ 2011/02/09 20:54 ] ★★★★☆ | TB(0) | CM(0)

ラブやん / 田丸浩史

ラブやん(8) (アフタヌーンKC)ラブやん(8) (アフタヌーンKC)
田丸 浩史

講談社

Amazonで詳しく見る by AZlink


オススメ度★★★★

ロリ・オタ・プーの三拍子そろった大森カズフサ(25歳)。
いかにもティピカルな現代的駄目男のもとへ、愛の天使ラブやん見参!
片想いの相手は小学生、この恋を成就させるのは聖なる任務が犯罪か!?
成功率100パーセントを誇る愛の天使の前に、史上最低の試練が鼻を刺す、じゃない、そそりたつ、じゃない、立ちふさがる!

via: Amazon.co.jp: ラブやん(1) (アフタヌーンKC): 田丸 浩史: 本


あらすじを見てわかるとおり、下品なギャグ漫画です。
大好きです。
とっても面白いんですが、ネタがネタなだけに
見て見ぬフリをされてるみたいです。
ただそこまでアレかなぁ。と、自分は思ってしまうんですが、
たぶんもう私も手遅れってことなんでしょうね。

ダメ人間カズフサと愛の天使ラブやんを中心とした居候系ギャグ。
作品自体が「ああっ女神さまっ」のパロディらしいが、
天使の居候ってだけで、その他は似ても似つかないので安心(?)です。

下品だけど嫌味がなく、痛いんだけど笑ってしまう。
個性的なキャラクターたちもどんどん集まりだして、
なお一層悪化してゆくダメライフ。
あらすじにピンと来たダメ人間なら必読の漫画です。

アフタヌーンで連載中
[ 2011/02/04 00:26 ] ★★★★☆ | TB(0) | CM(0)

ACONY / 冬目景

ACONY(1) (アフタヌーンKC)ACONY(1) (アフタヌーンKC)
冬目 景

講談社

Amazonで詳しく見る by AZlink


オススメ度★★★★★

永遠の13歳、アコニーと奇々怪々な住人たちによるGOTHIC BLACK APERTMENT  COMEDY

築70年以上経つ“しきみ野アパート”に引っ越してきた空木基海(うつきもとみ ルビ)13歳。お隣さんはかわいいけど、ちょっと不思議な少女。名前はアコニー、ペットはコウモリなんだって。

via: Amazon.co.jp: ACONY(1) (アフタヌーンKC): 冬目 景: 本


「羊のうた」や「イエスタデイをうたって」で知られる冬目景氏の作品。
氏の描く漫画は私も好きなんですが、長期休載だったりなんかで、
なかなか完結してる漫画が少ない印象です。
そんな中でこれは全3巻ですが完結した作品。

自らを死人と称する少女アコニーの秘密を主軸に、
主人公「空木基海」と「しきみ野アパート」の変わった住人達のお話。
秘密の解明がメインテーマだったような気もするんですけど、
しきみ野アパートの人々によるドタバタ劇が非常に魅力的な作品です。
そんなわけで秘密とやらの件は全3巻という短さも相まって、
割とアッサリ結末に辿りついてしまいます。

とにかく、もっとアパートの住人たちによるドタバタ劇を観ていたかった・・・
[ 2011/02/03 23:14 ] ★★★★★ | TB(0) | CM(0)
検索フォーム
ジャンルで検索
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。